読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本男児のナンパ語り

これから出会っていくすべての素敵な人たちを語っていく

自分での体験記

決闘

デュエル

 

幼き頃から慣れ親しんだこの言葉、僕らの間ではその界隈で強いやつらを真のデュエリストと読んでいた。

 

ただ、大人になってからは、こんな言葉を使うのは無くなっていた。

それが、今宵使われることになるとは。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も僕は、フィールドをうろついていた。

ナンパの先輩、コーラsさんと今日も一緒にナンパをしていた。

 

続けざまのガンシカにも負けじと何回もトライする。

 

コンビナンパのいい点は、やはりダメージが少なくなる点だろう。

痛くもかゆくもない。

 

 

 

 

 

 

「おーいおーーーーいおーーーい」

 

・・・ガンシカ

 

 

はい、いつも通り。

 

雑なオープナーでは全くオープンもしない。

 

コーラさんも頑張ってくれいるもののなかなか連れ出せない。

 

 

 

 

 

 

 

ふっと

 

 

 

 

目の前に綺麗めなギャルっぽい子が通りがかる。

すかさず、ギャルセンサーが反応。

 

声掛け

 

 

僕「ちょちょちょ、これから銀行強盗の予定です?手伝うよ?(/・ω・)/」

 

 

 

「なんで、銀行行くのわかったんw?」

 

僕「ま、野生の勘ってやつよ、とっつぁん」

だだ滑りなトークを展開するも何とかオープン。

 

これから銀行のATMに行きお金を振り込んで、友達に背中の毛を剃ってもらいに行くとこらしい。

 

ただ、友達の仕事終わりになるのでそれまでは時間が余っているとのことなので、正3の形で居酒屋IN

 

 

 

 

 

居酒屋でトーク開始。

 

 

トークが始まってからは、ノリもよく話も盛り上がる。

 

 

 

 

だが、何か気になる。。。

 

 

僕は、連れ出した子を見つめる。

 

 

よく見ると

誰かに似ている。

 

 

 

昔、よく見ていた顔だ。。。

 

 

 

 

 

 

あれは、、、、

 

 

 

 

 

 

はっっっっっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックマジシャンガールだ(ちょい劣化版)

 

f:id:guratansan:20170202235725j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、よくよく見ればブラマジガール。これか、懐かしい顔の原因は。

 

以下ブラマジと呼ぼう。

 

 

 

俺の対面にいるのは、ブラマジガール。

 

ということは、いったい俺は。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆誕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YOUのターンです!!!

f:id:guratansan:20170202235758j:plain

 

 

J・クロード・ペガサス!!!!

 

 

 

 

そう、俺はデュエリスト。。。。。

 

目の前のブラマジガールを倒すのでーす

 

 

そして、私の相棒は、あなたでーす

 

もはや目の前にいるのは、コーラさんではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひゃはははああああああああああああ

f:id:guratansan:20170202235832g:plain

 

 

 

マリク・イシュタール!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

「さあ、闇のゲームを始めようぜえええええええええええええええ」

 

 

 

 

 

今、このフィールドには2人のデュエリストと1体のモンスター

 

これは勝てる勝負。

 

 

 

 

ブラマジは先ほどのトークの勢い変わらず、下ネタトークもガンガン話してくる

 

マリクの質問が飛ぶ

マリク「結構いろいろ経験あるでしょ」

 

ブラマジ「まあ、もう大人だしいろいろあるね」

 

 

マリク「3人とか4人もあるでしょ?w」

 

ブラマジ「3人は2回ぐらいあるけど、4人はないなぁ。。。」

 

 

 

 

 

 

ここでマリクとペガサスがほほ笑む。うっすらと見える勝機

このまま下ネタトークをガンガン続けるが、友達に会うことは確定しているのでそれをなんとかキャンセルさせなければ、勝機はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、僕らの頑張り虚しく、友達のところへ行く時間となってしまった。

 

 

仕方なく友達も入れて4人で飲もうと、提案。

 

 

ブラマジはオッケーのようだが

ただ、ブラマジの友達子は男とあんまり関わらず、拒否られるかもよ?。とのこと

ブラマジ曰く、その友達はバリカタ案件。すなわち守備力が高い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさにビックシールドガードナーのような子か

f:id:guratansan:20170202235856p:plain

 

ただ、ブラマジもその子がいいと言ったら、一緒に飲むことを了承。

 

 

不本意ながらも、駅を替え相手の本拠地に乗り込む。

 

 

電車を降り、先に改札を出る僕とマリク

 後ろを振り返る

 

ブラマジが改札を渡ってこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戻ってみると改札手前で電話をしている。友達だろうか。

 

言うがより、早くマリクが飛び出した。

改札の駅員に闇のデュエルで勝ったのだろうか?

 

速攻で改札の中に入ることに成功し、ブラマジが電話している子に代わってもらう。

 

ここから、プレゼンだ。

マリクの遠隔デュエルにビックシールドは乗ってくるのか、

 

その間に僕も駅員との闇のデュエルに勝利しブラマジのもとへ行く

 

 

 

 

電話が再び、ブラマジに渡される。

 

とりあえず、この後3人で飲み

 

そこに友達が来てくれることになった。

 

 

近くの貴族にIN

ここからは、先ほどと変わらずに楽しいトーク展開

 

 

 

場も盛り上がったころ、ブラマジの電話が鳴る。

 

 

 

 

ぶーぶー

 

 

 

 

 

ブラマジ「あ、ビックシールドガードナーからだ。ちょっと迎え行ってくるね」

 

 

 

マリク&ペガサス「おう!ゆっくり待っとくわ」

 

 

 

 

ここから、勝負だ。

正3だとおもわれた勝負が乱やくるくるの可能性が現れた。

 

行けるか。

 

 

 

 

もちろんここまで来たら乱を目標に行こう

 

ただ、もう一人のスト値が全く分からない。

仕上げるのは、マリク

僕は、ブラマジを担当することにした。

 

ここから、どんな敵が現れようとも負けん。

 

 

ブラマジが入口に見えた。

 

来た・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デュエル!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックマジシャンガールのターン!

 

「私は、こいつを召喚する!!!!!!!ビックシールドガードナーをいけにえに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療の神 ディアンケト!!!!!!!!

f:id:guratansan:20170202235929j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐはああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

まさかの召喚モンスターではなく、魔法カード!?・・・・・

 

ルールを根本的に覆してきやがった。。。。

 

まさか魔法カードを召喚とは、こいつにルールは通じないのか。

 

 

 

 

 

マリク「負けるな!ここからが勝負!」

ペガサス「YOU。。。そうデスネー、ここからが勝負デスー、マリクボーイ」

 

 

 

 

マリクのターン

 

速攻魔法!!!

 

 

 

 

ここから、マリクが一気に仕上げにかかる。

 

僕は、ブラマジが邪魔をしないように会話の主導権をこちらで握る。

 

 

 

テーブルを挟みうまくセパる。

 

 

一気にディアンケトと距離を縮めるマリク。

 

それを気にするブラマジ。

 

そのブラマジと必死に話すペガサス。

 

何も気にせず、笑いながら話すディアンケト

 

 

 

 

そこから、30分以上たっただろうか。

 

 

 

酔いも程よく回ったのでここから家へ打診をするとうまく通った。

 

速攻でタクシーに乗り

 

 

 

 

 

 

 

 

ペガサスパレスイン。

トゥーンワールド発動!!!!

 

f:id:guratansan:20170203000015j:plain

 

 

 

 

ここからは、私の独壇場でーす

 

 

 

パレス内でも、うまく担当分けて座る。

 

 

お酒を飲みながら、雰囲気を作っていく。

 

だが、完全に行けると思われたブラマジが予想外にディアンケトを守る

 

「この子は、そういう子じゃないの」

「男に慣れてないからやめて」

 

 

 

 

ここにきて、守備力を上げてきた。。。。

 

それも構わず、いちゃつこうとするマリク。

しかし、ここまでの状況でもディアンケトに嫌がってるそぶりは見られない。

 

 

 

ここで、お互い別のとこで話そうとマリクからの提案により

ディアンケトとマリクはキッチンへといき

部屋には俺とブラマジが残った。

 

1対1なら行けるだろう。

 

デュエル!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

俺のターンから行かせてもらう。

エルフの剣士を召喚!

 

f:id:guratansan:20170203000051j:plain

 

 

攻撃!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラマジ「トラップ発動

f:id:guratansan:20170203000112j:plain

聖なるバリアミラーフォース」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くそ、触れることさえできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったら、魔法カード発動

グダ崩し!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラマジ「トラップカード発動

f:id:guratansan:20170203000130j:plain

マジックジャマー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

つ、つよい。。。。

 

 

 

 

 

 

全く崩せない、、、

 

 

 

それ以上にブラマジは俺との勝負よりあっちのデュエルが気になっているだと、、、

 

 

 

 

 

くそ、だが、このデュエルに負けてもあっちの邪魔だけはさせん。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラマジ「ゴブリン突撃部隊召喚、、、

f:id:guratansan:20170203000152j:plain

攻撃」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっさり倒される。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ブラマジがキッチンに近づく、、、、、、

だが、キッチンからは物音、、、

 

これは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即っとるわwwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向こうで行われている行為に気づき、ブラマジは戻ってきた。

 

 

 

 

そこから、ほどなくして、キッチンから二人も戻ってきた。

 

なぜか、半裸のマリク

 

 

 

すぐにディアンケトの隣に行くブラマジ

 

ブラマジ「大丈夫?」

 

 

そういってディアンケトを守るようにして包み込むブラマジ。

 

 

 

そして、マリクを睨む。

 

怒ってる。。。。。。。

 

 

 

おおかたマリクが無理やり、やったと思ってるんだろう。

 

 

違うぞ、ブラマジ

 

 

お前の隣にいるディアンケトの種族は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即系だ

f:id:guratansan:20170203001833p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うすうす感じていたが、こいつは即系。

 

 

 

 

 

 

それならばと、俺はブラマジを諦め、ディアンケトに標準を定める

 

 

怒るブラマジを何とか鎮め、ディアンケトと買い物セパに出ることに成功した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パレスOUT

 

ペガサス「いやあ、やっと外でれたわ~。解放感半端ないなぁ」

 

 

 

 

ディアンケト「そうだね~、あ、星見える!」

 

 

 

 

ペガサス「ほんとだ。てか、今日初めてぐらいだよね、ちゃんと喋るの」

 

 

 

 

ディアンケト「そだね、まったく喋ってなかったからね。」

 

 

 

ペガサス「じゃあ、ちょっとデートしよや」

 

ペガサス「そこに公園あるし」

 

 

 

 

 

ディアンケト「いいよ!」

 

 

 

 

 

 

軽く公園打診も通る。夜の誰もいない公園、IN

 

 

 

 

 

 

 

 

ペガサス「お、だれもいないなぁ、」

 

 

 

ペガサス「あ、あそこにベンチあるからいこ」

 

 

 

 

ディアンケト「公園なんて久しぶり!」

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デュエル!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺のターン

f:id:guratansan:20170203000300j:plain

サウザンドアイズサクリファイスを召喚

モンスター効果発動!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寄生!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ペガサス「あ、なんか肩にゴミついてるよ」

ディアンケト「え、とって」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゅっ!!!!!!!!

 

 

寄生完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま流れるように

 

 

公衆便所へ

 

 

 

ペガサス「公園でしたことある?」

 

ディアンケト「(*ノωノ)ないよ」

 

ペガサス「俺も初めてだから同じだね」

 

 

 

 

 

もはや、俺の目の前にいるのはディアンケトではない。

 

 

 

それよりも可愛い。

 

 

 

そうだ、

 

 

 

 

 

俺の目の前にいるのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:guratansan:20170203000348j:plain

 

あんず!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんずだ!!!!!

 

 

 

 

 

よく見れば、顔の造形ももはや、あんず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

声もあんず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、まごうことなきあんず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、俺の好きなキャラもあんず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんず

 

f:id:guratansan:20170203000422j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんず(ディアンケト)即~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりただの即系だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公衆便所でデュエルを終えた俺たちは、マリクが待つ家へ戻っていった。

 

 

 

 

 

 

当然、マリクは即れず、ディアンケトのくるくるで終わり

 

 

 

 

 

 

 

俺もサクリファイスしてなければ、最後まで即ることはできなかった。こいつには、感謝しかない。

 

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただ、俺たちのデュエルの旅は始まったばかり。

次のデュエリストへ戦いに行くぜ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、次はYOUのターンデス

 

f:id:guratansan:20170203000505j:plain

 

 

 

 

 

 

 

終わり

 

ルーキー新年会

おはようございます。

 

先日のブログでは自分でも何かいてるかわからなくなっておりました。

 

メンヘラの得意分野ですね。

 

ブログの形態がよくわかっていない状態なのですが、物語のような感じで書くのが簡単だったのでそのように書いていたのですが、メンヘラはメンヘラらしく、皆さんのように。面白いようなブログも書きたいと思っております。

 

 

 

 

関東ルーキー新年会。

 

当日。

 

オジーさん、ポーロさんが企画、運営していただいた新年会。

 

2016年にナンパを始めたルーキーの方が続々と集まる宴。

 

正直、オジーさん、ポーロさんは会ったことがなく、びくびくして挨拶したのですが、とてもいい方でした。また今度も会いたいです

 

他にも、有名な方が大勢いらっしゃり、お酒の力を借りて強引にご挨拶させていただきました。

 

その節は皆さま本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

さて、その新年会後、

 

最近、よくお誘いいただいているコーラsさん(なんのsなのか未だに分からないですが。。。)と御堂筋さん、イエさん、あずきさん、るんるんさん、ざわゆきさん(名前間違ってたら、すいません)とそのまま2次会へ、

 

 

 

2次会へ行っても、皆さんナンパの話で盛り上がる。(正直酔いすぎて、あんまり覚えてないです。。。)

盛り上がりもいい感じになってくると、やはり犬の街、スト欲がぐんぐんでてくる。

 

前からコンビを組みたかったあずきさんも隣にいたので、今夜はあずきさんとのコンビをすることに。

 

 

 

まだ飲まれている皆さんへ挨拶をし、あずきさんと二人で街へ繰り出す。

 

 

犬の街はいつも通り、キラキラ輝くネオンに人々の大きな話声、通りでひっきりなしに声を掛けるキャッチの方。

 

間違いなく、ここは日本一の繁華街。

 

そこに足を踏み入れる僕とあずきさん。

 

あずき&ポルノコンビいざ

 

 

よーいどん!!

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

声掛け開始

 

 

 

 

 

 

 

どうにか足を引っ張らないように気を付けて、声を掛ける。

 

だが、なかなか上手くいかない。

 

まあ、まだ始まったばかりだとお互い声を掛ける。

 

そうこうしていると、前方からいい感じに酔って楽しそうな女の子二人組

 

 

 

 

あずき「いーえい」

女「いえーい」

初っ端からハイタッチでオープン。

ノリが軽い。

獲物を釣れたか、いや

まだ油断は禁物。

ノリがいいからと言って、連れ出しができるとは限らない。。。

 

 

もう少し見極めよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女「私たちダーツ行くとこ~」

 

 

 

僕「奇遇やな、俺もダーツ行くとこ、いこ~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女「いこ~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単かっっっっっ!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

お互い、一進一退の攻防を繰り広げると思ったが、

案件はこちらに寄ってきた。

 

 

そのままダーツ屋へ向かう。

その途中路上で、お互い手つなぎ。

さらに恋人つなぎ

 

 

 

 

酒を飲みすぎたせいだろうか、

めちゃくちゃ可愛かった記憶がある。

 

 

 

ダーツ屋IN!!!

 

 

 

 

 

店員「ただいま、混雑中でしてあと1時間ぐらいかかりますね。。。」

 

 

 

 

 

 

ダーツ屋OUT!!

 

 

 

 

女「どうするー?」

 

 

 

僕「じゃあ、カラオケ行こ~」

 

カラオケIN!!

 

 

 

 

 

 

ルーム内でそのままセパ!

 

 

 

 

 

ここからは得意の尾崎豊で攻める。

 

 

 

だが、尾崎はグダられ、雅治へ

 

 

歌ってる最中も隣で距離も近いし、可愛いなぁと早くもメンヘラ体質が出始める僕。

 

あずきさんの担当も横に並びいちゃいちゃしている。

 

 

ふと、僕の担当も顔が近い。顔が近くになり見つめあう、

 

 

キス。

 

めっちゃ唇やわらかっ

シフォンケーキのようなやわらかさ。

 

 

あずきさん担当もいい感じだ。

このまま宅か、いや、これは行ける流れ。

 

お互い目を合わせ、トイレ行こ

と語りかける。

 

受理

 

 

 

二人でトイレに行ってくると言い残し、

 

トイレへ行く

 

 

 

もう完全に仕上がっている。

ここで時間をかける必要はない。

そのまま、秘密の青空へ

 

若干、寒いが、まあ大丈夫だろう、

青空のもとキス。

キス。

キス 

 

 

 

 

胸触る

 

女「だめ、友達もいるし、また今度」

 

僕「ええやん、ええやん、」

 

今思うと酔ってて終始こんな感じだったと思う。

喋った記憶がない。

 

おけおけおけと言いつつ、

胸を舐めてたら、

 

帰る!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふぇ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然のダッシュでカラオケルームに戻る案件。

 

 

追いかけるメンヘラ

酔いながらもメンヘラ

ちょっと止まって鏡を見るメンヘラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子がカラオケルームにダッシュで入り、ダッシュで片付け、ダッシュで帰られた。

 

何も出来ぬまま、呆然と立ち尽くす、メンヘラとあずきさん。

やってしまった。

ギラつきが早かったか、もう少し和めばよかったか、くそ、、、

 

 

 

 

とは思わぬほど酔ってたので

 

 

 

 

 

終始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

 

って感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、意外に可愛く

点数も高かったので、悔しさは残る。

 

 

必死に街へ急いで二人ででる。そして先ほどの

案件を探すが、もうすでにいない。

 

二人で落胆する。

ほぼほぼ僕のせいだったので、結構落ち込むがまだ女性はたくさんいる。

あずきさんの暖かい言葉もあり、また声掛けを始める

 

だが、うまく連れ出せない。

その間にTwitterに流れる連れ出しやらの速報。

焦る、

焦りながらも寒さがひどいので

 

一旦ハブへ逃げる。

 

 

 

ハブは土曜日ということもあり大混雑。

その中で外人に(たぶんナンパ)話しかけられている女の子2人組を発見。

普段、アモッグなんて全くしないが、あずきさんの足を引っ張りたくない一心でアモッグ。

 

 

 

僕「hello」

 

僕「アイム、フロームジャパン!!」

僕「いえーい」

 

 

外人「YEAHHHHH」

 

 

外人さんオープン。

めちゃいい人すぎる。

普通に楽しいw

 

そして二人でとんとんと話していく中でうまく体をわりこみ

会話の流れで上手く女の子と外人の間に入り込みことに成功。

 

 

(以下チャラ子と清楚子と呼ぶ)

 

そのまま軽く話すと、ハブで軽く飲んでクラブへ向かうところだったらしい。

ただ初めてのクラブなので緊張してるとのこと。

それならばと、先ほど、まんそんから

今の犬のクラブ事情はあんまり芳しくないことを、聞いていたので、その旨をお伝えする。

そのうえで、クラブより楽しいトークをしようと、ハブをでることを提案

 

 

 

受理される。

 

 

 

外人アモッグから約5分程度

 

 

 

連れ出し

 

 

そのまま居酒屋へ行こうとするも、チャラ子がセブンの揚げ鳥を食べいたいとわめく。

 

 

 

これは勝機

 

ここからあずきさんの家が近いことを提案。

有名な家ルーティンを使い

 

 

 

 

受理。

 

 

 

 

大通りに出て、タクシーを捕まえそのままコンビニ→宅→イン

 

 

 

いい流れでほぼグダられることなく来た。

あずきさんと無言の笑顔を交わす。

 

 

 

だが、ここでノリが良いと思っていたチャラ子が眠いから寝ると言い出す。

そして、眠るグダを崩そうとあずきさんが

必死に食い止めるも、無事就寝。

 

 

仕方なく、もう一人の清楚子とあずきさん、僕の3人で飲むことに。

 

 

そこからは、淡々と時が流れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気づいたときにはすでに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あずきさんの肛門を眺めながら、梅酒をちびちび飲んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AVってこんな感じなんだなぁと思い、必死に腰を振るあずきさんを見ながら、ちびちびと梅酒を嗜んでいた。

 

すでに賢者だったため僕はゆっくりとすることにした。

 

 

ただ一人で飲むのも悲しいのでとりあえず、会話に入る。

二人ともエッチなことをしながら、話してくれるのでなんだか申し訳なくなる。

 

そうこうしてるうちに、あずきさんも終了。

 

次だ

 

もう一人の子も諦めるわけにはいかない。

 

ゆっくりと寝息を立てているもう一人の子。

 

さあ、2回戦!!

 

あずきさんが、チャラ子を起こしにかかる。

 

僕は、隣で静観する。

 

 

 

一旦起きる、

 

 

 

再び寝る、起こす。

 

 

 

 

起きた!!

 

 

寝ぼけまなこで4人で飲む提案をするが、

 

 

今度は清楚子がベッドへ寝だす。。

 

 

 

仕方ない。

 

またもや3Pを目指す

 

先ほどと同じように、軽く飲みながらゲームで負けたやつが服を脱ぐ。

 

 

 

 

10分後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あずきさん、パンツ一丁、僕上半身裸、チャラ子脱いでない

 

 

あずき「おいおいおいゲームで負けたら脱ぐっていったんじゃん」

 

 

 

僕「脱げえええ」

 

 

 

 

 

チャラ子「いやだあああ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだこれww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャラ子が全く仕上がってる感じしない。

あずきさんも必死に攻める。

 

 

 

だめだ、崩せない。

 

 

 

なんどか押し問答したが、全く行ける雰囲気がない。

 

 

 

しばらくすると、あずきさんがベッドへ行った。

 

僕へのセパなのか。

 

 

 

まあ、こんだけグダってんだから無理だろ・・・

 

 

まあ、こっちこいよ

グイッ

 

あ、きた。。。

 

僕の膝の上で寝る。

 

 

 

 

 

 

 

ちゅー

 

 

 

 

 

パイもみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パイ舐め

 

 

 

 

 

てまn

 

 

 

 

 

 

僕「舐めてーや」

 

 

 

 

フェラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーグダやんwwww

 

 

 

即ってると、左から鋭い眼光

 

あずきさんだ。

 

鋭い眼光で僕を睨んでる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くるのか、こないのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

近づいてきた

 

 

「おいおいおい、なにやってんだぁ~~(にやにや)」

 

 

「俺も入れてくれえええ(・∀・)ニヤニヤ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャラ子

 

「いや!!!!」

僕を押しのけ、速攻服を着だす。

 

 

 

 

僕も必死になだめる。

3人の楽しさを訴えるが、完璧に服を着てしまい、トイレに行ってしまった。

 

 

パン一のあずきさんと、コンドームを装着しボッキ全裸の僕。

二人で佇む。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逃げられた。。。。

 

 

あずきさんの神セパがあったにもかかわらずのこの結果。

 

その後、今度は僕が睡眠セパで消えるも、チャラ子のグダを崩せずに、タイムアップ。。。

 

 

 

 

結果

僕2即

あずきさん1即

 

 

せっかくコンビでくるくる?狙えたのだが、悲しい結果に

 

ただ、あずきさんと初コンビでここまでできたのは彼の腕にほかならない。

本当にありがとうございました

 

そして、こんな僕に付き合っていただいて、ありがとうございます。

 

 

またやりましょう。

ちなみにあずきさんは、菅田将暉似のイケメン高身長優男です。(イケメンブランディング)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乱後、ふとよく思ってみると、清楚子、僕が最初にキスしてフェラさせてたんだよな…

 

 

 

 

あずきさん、そのあと、清楚子とディープキスしてたよなぁ、、、

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

間接的フェラやん!!。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

ってなったのは内緒です。。。。

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

マンモス

 

おはようございます。

 

やっぱり新年らしく今年も目標を何かに書き写さないと忘れてしまうので、

せっかくこのブログという手段があるので積極的に使っていきます。

 

まず、俺はここで思うけれどもこれだけやっていて、何も目標が決まっていないのも違うんじゃないかと。

それに何か目標があることで、そこに向かっていけるようなことがあるんだと思う。

 

 

始めた当時から思っていることは変わらないけど、彼女を作ること

 

 

これだけは、変わらない。

 

ただ、ここ最近声かけるのも本当に彼女にしたい子かって言われると、そこは何も言い返せなくなることもある。

だったら、彼女にしたい子以外に声かけることは無駄なのではないかという疑問もある。

 

ここが一番目標からずれてしまうポイントということにもなる。

 

もちろん、ここまでナンパしていて彼女にしたいと本気で思った子もいた。

ただ、一人だけ。

確率的にものすごく少ない数字だと思う。

ただ、それにしてもこの確率は低すぎるのではないか。

もう少し、この確率を上げるためにはどうしたらいいのか。

そのためには、まず自分で一定の基準を作りそれ以下の女性とはむやみに誘ったりしないことだろう。

 

  • 容姿

まず、女性を判断するうえでこの容姿の重要さはいの一番にくるだろう。

その中でも重要な要素を上げていく

・肌

・体系

・顔の造形

・服装

・メイク

一個ずつ確認していく

 

体型

自己管理能力を見られる。

基本的に顔をよくするためには整形など、第三者の手を加える必要があるが

体型に関しては、自分の力で変えることができる。

もちろん、見た目だけにこだわれば簡単だ。

期間も半年あれば大幅に変わることができる。

理想は、ほどよく筋肉のついたスラっとした女性がタイプだ。

ただ、女性が意識して筋肉をつけるのはあまり見ない。

過去、会ってきた女性も鍛えている人は見かけないが、スタイルの良い女性はほぼ筋トレを行っていた。

 

僕は、太った女性が嫌いである。

太っているということは包容力がある。ほどよく脂肪がついているから、さわり心地がいい。

昔の人で太ってる人は裕福な人だけだったんだよ。

 

バカか

 

この食がありふれた現代において、太ることは容易だ。カロリーの高いものもすぐに手に入る。糖ですらそこらへんにありふれている。

 

そんなものを普段食べていれば、勝手に太っていく。むしろ肥えていく。

見た目も気にせず、食べたいものを好きなだけ食べ、生きていくのもいいとは、思う。

だが、そちらの道を進んでいるにもかかわらず、見た目だけは良くしたいとふざけたことを言っている。

体型を直せ。

ベッドに行き、「おなかが恥ずかしい。。。」じゃない。鍛えられた腹筋をこれでもかと見せつけるようにしろ。チャームポイントをおなかに変えろ。

むしろ、自分からお腹を見せられる女になれ。

 

まず、綺麗になるべくやるならば

体型を変えろ。最大のおしゃれは体型だ。

体型が変われば、服などに色気、可愛さを求めなくとも、体一つで十分映える。

肌を見せる機会がなくとも、服の下に秘められたる体は十分伝わる。

お腹を見ないでと、ベッドの上で腹を隠す必要もない

 

スタイルが良くなると自分に自信もつく。(これは内面の話になってしまうので割愛)

 

やはり、理想はうっすら腹筋が見えており、手足が引き締まった体であろう。

例:ヴィクトリアシークレット

めちゃくちゃ綺麗だと思う。最高に好き。

 

基本的に可愛いよりは、美しいを求めたい。

 

 

顔の造形

こちらは、男女問わず、真っ先に見る場所である。

子供のことを考えたときに、種の存続として危ぶまられることが大きい。

基本的に顔は毎日合わせるものだし、人と話すときも顔を見る。

顔は重要だ。だが、これは持って生まれた才能の部分が大きい。

僕も、正直言うならば鏡を見たくはない。改めてこの世で悲しき現実を知ってしまうからだ。

 

だからこそ、彼女にする女性は顔の整った綺麗な女性がいい。

 

服装

こちらも好みによって大幅に変わる部分だ

ファッションも今では数多くある。

人類が服を着始めたのは、数多くのルーツがあるが一番は寒さに対する性能を期待してだと思う。人間に体毛が消えたのもあるが、寒さには耐えられない体になっているため、服をまとうようになったのではないか。

ただ、初期の人間、いや、猿はどんな感じだったのだろうか。。。

 

 

~服を着る初期の時代~

ここは、はるか昔の日本、そう服を纏う前の旧石器時代のような時代。

そこに住む、ある一家の物語

 

 

 

ああ、今日も快晴。いい空だ。うん、今日も女房、子供のためにやってやるぞ

 

 

 

だが今日は少し肌寒いな。

 

狩りをしていれば自然と緊張感によって体は何も感じなくなる。寒さのことも時期忘れるだろう。

 

そのまま、外を見上げていたが穴倉から僕を呼ぶ声が聞こえてきたので、ゆっくりと中へ戻る。

 

 

「ウガッ(父ちゃん、今日の獲物は何行くの?)」

 

「ウガガッ(村のやつと話して、決めるさ。)」

 

 

・・・ただ最近は息子、女房にも満足に食わせることができていないので、今日は大きい獲物をとってきたい。

そこまで生活に困っているわけではないが、最近はウサギやシカなどの小物ばかり、これを村の仲間で分け合うと一人当たりの食べる分は圧倒的に少なくなってしまう。成長期の息子のことを考えると栄養のあるものをたらふく食べさせてあげたい。

 

ウッガガ(たけしもそろそろ狩りの番かなぁ~)

女房のさなえが茶々を入れる。

 

ウガア(僕は、もうちょっと狩りが上手くなってから行くんだ)

 

ウガ(そんなこと言ってるといつまで経ってもお父さんみたいになれないのよ)

 

ウゥ(なれるもん)

 

女房と息子のやりとりを朝飯を食べながら、ともに笑う。

だが、食料の在庫も考えるとやはり、早急に大きな食べ物をとってきたい。

 

そのためにはやはり、

今日はあいつだ。

あいつを狩りたい。。。

 

 

 

 

~村の門前~

 

 

 

 

 

 

 

ウ、ガガ(よし、お前ら集まったかー)

 

ガー(おうー)

 

 

ウウウガガ(今日の獲物を決める際だが、現在東北の方からマンモスの群れがこちらの森を通過することが分かっている。そのため、今日は久しぶりの大物狩りだ。)

 

 

ウ、ウ「まじかよ、今日も小物だと思ってたのに、、、なあ」

 

そう気軽に話しかける猿は、僕の幼馴染の正太郎だ。

こいつとは、幼少期からの付き合いであり、今は家の近所でもあり、村での狩りの際はツーマンセルをよく組んでいる。

仲がいいと言えば仲がいい。ただ時々何を考えているのかわからないこともある。少し不思議な奴だった。

 

ウガ?(でも、やっとここでマンモスを狩ることができれば女房や息子にも腹いっぱい食わしてやることができる、正太郎も最近結婚したばかりだろ?)

 

ガガウ(ああ、そうだな。俺の女房も腹すかして待っててくれてんだったよな。そうだな、今夜は宴だ。やったるぜ)

 

闘争心を含ませた笑顔を作りながら、手に持った槍を強く握りしめる。

こいつは、昔から変わっていないな。

 

だが今日は、僕もここで成果を上げなければならない。

正太郎に負けるわけにもいかない。

僕も自分の手に持っていた槍を再び強く握りしめた。

 

 

ウーーーーーガ(さあ、男たちよ槍を取れ、自分の命、家族の命、村の命を守るものはなんだ。そう、俺たちだ。我らの手で共にこの村の命の灯をさらに灯すため、今日俺たちは巨躯のマンモスを討つ。最高の宴の夜を迎えるための前哨戦だ。行くぞおおおおおおおおお)

 

ウーーーーーーーーー(おおおおおおおおおおおおおおおおおおお)

 

今日のリーダが耳の奥、いや、胸に届くような声で雄たけびをあげ本日の戦いの火ぶたが切られた。

 

村の男たちが森に入っていく

ウガ(ふっ、行くぞ)

 

ウ(おう)

 

僕も正太郎と共に森へと入っていった。

 

 

 

 

~森の中~

 

 

 

 

 

 

 

森の中はいつもとは打って変わり、普段は様々な動植物が狭しなく動いているのだが今日に限っては、何かを嗅ぎとったのか。何も音が聞こえない。

 

やはり、こいつらは敏感だな。

 

マンモスが通る際は、基本的には目の前に現れない方がいい。

これは自然界の鉄則だ。

だが、僕らはこの自然界の鉄則を破り、くしくもマンモスを倒しに行く。

神の所業ではないかと思うほど。

だが僕らにはできる。

 

そして、今日やる。

村のみんなもここ最近の獲物の不足感からか、目をギラギラとしている。

闘争心が高まる。

 

汗が額を流れる。目頭を通り、ほほを通り、顎下に汗が動き、足元に落ちる。。。

 

。。。。。。。。ポト。。。。!!!!!!!ドンドンドンドン!!!!!!!

 

地響きだ。地震か。大きいぞ。

いや、これは地震じゃない。

 

みんなの体から一気に緊張感が漂う。

 

一瞬の沈黙のあと、右方向から耳をつんざすような地鳴りが響く。

それと共に、異形のものともつかぬ鳴き声

 

 

 

 

ブオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

 

 

 

 

風がほほを叩くような勢いで向かってくる。

木々がびりびりと悲鳴をあげ、葉っぱがあたりを舞う。

 

間違いない。奴が来た。

手にしっかりと握った槍が汗で少しずれる。

恐怖のせいか、湿度のせいか、汗が体全体を覆う。

 

鳴き声がやんだ一瞬の沈黙の後、リーダーが声を荒げた

 

ウガアアアア(きたぞおおおお、各々四方に待機、狙うはボスではない。この長旅で疲れた一頭を狙う。次に俺が声を出したときが勝負だ、各自散れええええええええ)

 

ウガ(了解!!!)

 

ウウ(行くぞ、正太郎)

 

正太郎に声をかけ、僕も一目散に茂みへと身を隠す。

 

茂みに身を隠している間にも、あいつらの雄たけび、足音が絶えず響いてくる。

そして、その音は次第に大きく、僕の耳や肌を叩いてくる

 

隠れている間が、まるで一生の時のような長さに感じる。

人は死ぬ間際に人生の走馬燈を見るというが、所詮僕は猿だ。見るのは走猿燈か。

ふざけたことを思いながらも、家族のことを思い出す。

僕の帰りを必死に待ってくれているさなえやたけしのことを思うと、ここで命を落とすわけにはいかない。あの笑顔のために、僕はごちそうを持って帰る。もちろん、自分も一緒にだ。

 

再び自分の中に闘志が戻るのを感じて、槍を握りしめる。先程までの汗は消えていた。程よい寒さのせいもあるが、自分の中でもう一度この戦いの意味を確認したからだろう。

 

横を見ると正太郎も同じように隠れながらも、女房のことを思っているらしく、ぶつぶつと女房の名前を呟いている。

 

ウガガガ(ここで待ってる家族のために、きょ)

正太郎に言葉を掛けようとした瞬間。

 

森の木々が割れた。

刹那、僕の目に飛び込んできたのは、あのマンモス。

大木ほどある長く大きな鼻、全身を覆う赤色の剛毛、それに合わせて岩石のような頑丈そうな化け物じみた大きさ。

それが今回は数十頭はいる。大群だ。

森は先程までの静けさとは打って変わり、戦地と化した。

いや、やつらにとってはここで戦うやつなどいない。もはや戦地跡の蹂躙だ。目の前にあるものをすべて踏みつぶし、遮るものはすべてなぎ倒す。

もはや、やつらを止めるものは何もない。

 

目の前を数頭通り過ぎたとこだろうか。

奥の群れの端あたりに足を引きずっている手負いのマンモスがいた。

たぶん、あれだ。

正太郎と無言のまま目を合わせる。

 

しばらくそのマンモスを注意してみていると、突然立ち止まった。

疲れたのであろうか、一旦休むつもりか、どちらにせよ、やつは一度止まった。

狙うならここか。

もちろん、リーダーはこの隙を逃すほど、野暮な判断をする男ではない。

 

ウガアアアアアアアアアアアアアア(マンモス、十時の方向20m先、手負い、かかれええええええ)

 

 

リーダーの声が響き渡ると同時に、各方面の茂みから仲間たちが槍を構えて一斉に飛び出してくる。

もちろん、僕と正太郎も勢いよく飛び出した。

 

仲間の一人が槍を突き刺そうと敵に飛びかかろうとする。

だが、その一撃はマンモスの鼻で防がれ仲間の横腹に勢いよく、ぶち当たる。

ミシミシという骨の折れるような音とともに仲間が吹っ飛ぶ。

手負いとはいえ、やはりマンモス。油断はならない。

特攻での一撃が防がれたせいで、次の攻撃がしにくい。

だが、リーダーの戦術通り仲間が一斉に動いたため、マンモスもうかつに動けない状態だった。

しばし、訪れる沈黙。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沈黙を破ったのは正太郎だった。

ウガアアアアアアアアアアアア(いくぞおおおおおおおおおおお)

 

自分を鼓舞するかのような声量で、マンモスに向かって槍を刺す。

クリティカルヒットだ。

マンモスが悲鳴を上げる。

 

 

ぶおおおおおおおおおおおおおおおお

 

その正太郎の攻撃を皮切りに仲間の怒涛の攻撃が始まった。

目頭の佐助、前足の弥太郎、臀部の五郎、鼻先のジン

村の四天王の攻撃が功を制し、あとからの仲間も必死に槍を突き立てる。

マンモスは連続の攻撃になすすべもなく、鳴き声を上げることしかできなくなっている。

 

もう少し、もう少し、必死に仲間たちとマンモスを倒すことを考える。

全体の雰囲気も勝利モードだ。

このままいけば確実に勝てる。

僕は目の前のマンモスを倒すことに必死で周りが見えていなかった。

いや、僕だけではない。周りの誰もが目の前の化け物を倒すこと。それだけしか考えていなかった。

 

突如、横から先程と同じようなミシミシという不快音が鳴り響いた。

横を向く。

そこには、先程までの正太郎の姿はなく、先程の群れのボス的存在。。。

 

マンモスたちのボス。

 

 

あの先頭を走っていたあのマンモスが目の前に塞がっていた。

刹那、落とされる大きな一撃。鼻を上から叩き落すだけでここいらの猿はやられる。

 

 

ドスン!!!!!

 

 

 

なんとか間一髪のところでその一撃をかわす。

 

ウガガガグア(敵襲だあああ、先頭ボスがが戻ってきたあああ、逃げろおおおお)

これでもかという声で叫ぶ。

勝利ムードだった空気が一転。

 

仲間たちは僕の声を聞くと同時に臨戦態勢に入る。

仲間が集まる。

 

もはや動けなくなった手負いのマンモスを間に挟み

ボスマンモスと僕らで対峙する形になった。

 

両者がにらみ合う。

先程までやられていたマンモスが、弱い声を出す。

ぶぉぉぉ

 

俺のことは、もういい。お前は仲間のとこに戻れ

 

そう言っているのだろうか。いや、かすかにそう聞こえた。

もはや奴は自分の最後はわかっているのだろうか。

 

お互いが、大きな鼻で相手の体を優しくなでる。

 

 

何分たっただろうか。

 

 

 

 

手負いのマンモスの鼻がぐったりと垂れた。

それをゆっくりと見届けてから、マンモスのボスが上を向き

あたり一帯を揺るがすような音を響かす

 

ブオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

 

 

 

これにはさすがに僕たちも耳をふさがずにはいられない。

体にびりびりと痛みが走る。

ひとしきり、鳴いた後再度、僕らをにらみつけ、

 

マンモスは去っていった。

 

マンモスが去ったのを見届けたあと、僕らは歓喜の声を上げた。

 

ウガア(やった!ついに勝ったぞ!!)

ウウ(これで久しぶりのごちそうが手に入った!)

ウグア(さあ、山分けだあ)

 

それぞれが歓喜の言葉を上げる中僕はあいつを探す。

正太郎だ。戦いの最中に嫌な音とともに消えた。もしかしたら、あいつは。。。。

 

。。。。。。

 

。。。

いた!!!!!!

 

茂みの手前で倒れている。急いで駆け寄る。口から赤い血が見える。。。。

 

ウガ(おい、起きろ正太郎、勝ったんだぞ。あのマンモスに勝ったんだぞ、おい、起きろよ、なあ)

 

こんなことはあってならない。

ずっと幼馴染で今まで生きてきてここで終わらせない。

 

ウガ(おい、奥さんが待ってるんだろう、なあ、お前の帰りを、お前のごちそうを待っているんだろう、おい、起きろ、おい、)

もはや言葉になっていない。泣きじゃくりながらも必死に体をゆする。

 

ウガァ(おい、うるせえよ、ばっちりこっちは生きてるさ、、、)

 

ウガァァァァァァ(正太郎ううううううううう)

 

 

 

 

 

~帰村~

 

 

 

 

 

幸い正太郎はあばらが何本か折れているようだったが命に別状はないようだった。

村一番の医学に詳しい猿に聞くと、数週間も栄養のあるものを食べていれば治るとのことだった。

栄養のあるものはこの狩りで十分とれた。

 

そして、僕は狩りの報酬としてマンモスの肉と体毛をもらった。

分け与えられた戦利品を手に、家へ戻る。

 

ウガア(ただいまあ、今日はご馳走だぞお)

ウガエリ(お帰り、父ちゃん!、、、うおすげえ、肉だ肉だ肉だ!!)

 

ウア(今日はたらふく食べられるぞお)

 

奥から息子が抱き着く。その奥からさなえも出てくる。

 

ウガ(あなた、無事でよかったわ、お隣の正太郎さんが倒れたって聞いて、もう気が気じゃなくて。。。。)

 

ウガア(ああ、正太郎はもう大丈夫だ。それに僕はこんなとこでやられるような男じゃないしな、さあ、ご飯を食べよう。)

 

ウグ(でも、その肉はいいけど、その毛は何に使うの?)

 

ウウ(さあ?リーダーも余ったからくれたのだろう。まあ、何かに使えるだろう)

 

ウフ(そうね、さあさあ、たけし、ご飯の準備をするわよ)

 

ウ(はーーい)

 

息子と女房が準備をしている間、僕はマンモスの毛をもって、外へ出た。

星が綺麗に出ている。今日は空が澄んでいる。

空気がひんやりとしているからか。

今日のことを思い出しながら星をぼーっと見つめる。

 

ああ、今日はいろいろあったが無事生きていられた。

生きるということはこういうことなのか。

それにしても、今日は冷えるな。

さすがに寒くなってきたので家へ戻ろうとしたが、ふと先程手に持っていた化け物の毛を体に纏ってみた。

刹那、母のような大きな温もりが体全体に広がる。

先程まで、体外へ放出されていた熱が突然行き場をなくしたの如く、自分の体内に帰っていく。

なんだ、これは、なんだ、なんだ、これは表現する言葉はあれだけだ。

このマンモスの毛を身にまとっただけで、この言葉にもならぬこの感情は。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウゴアア「暖っけえええ。。。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い文章読んでいただきありがとうございました。

 

次から、まじめに書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きです。

 

いつからだろう。

こんな気持ちを持ったのは

 

いつからだろう

こんなに嬉しくも思ったのは

 

いつからだろう

君の気持ちがわからなくなったのは

 

僕の一年で思っていたことは理想とする彼女を作ることだった。

何度かいいなぁと思う女性と出会ったこともあったが、さまざまな条件で諦めざるを得なかった。

そんな僕だが今年最後を締めくくるアポが唐突に決まった。

 

 

 

 

 

 

今日のアポは1年の締めくくりともいえるものだ。

まだ1年もやっていないのだが

 

彼女は、ハロウィンの時に番ゲした案件

 

何度も何度もLINEが切れそうになりながらも、糸を手繰り寄せ、引き離され、また手繰り寄せの繰り返しで12月の中旬にアポが決まった。

 

だがそのアポも突然の相手のドタキャンでなくなってしまった。

あきらめるには惜しい相手。ただ、ここから会えないままでは、ことは何も進まない。

 

 

一旦気持ちも彼女への気持ちは振り切れたものの、クリスマスに再度連絡をしたところ

急きょ年末に決まった。

 

アポの前日に少しでも成功する確率を上げたくて、電話を打診した。

相手のタイミングとちょうど一致した結果、その日に40分ほど電話することができた。

 

心配だった相手の性格なども電話で話す分には、全く問題ない。

少し放り込んだ下ネタトークもノリの良さで話してくれる。

 

今までのLINEが嘘かのような、楽しい電話。

 

最初の約束では5分程度だったがいつのまにか、

気づけば30分を超えていた。

 

 

 

久しぶりの楽しい電話に自分もうれしくてつい話し込んでしまった。

 

お決まりのルーティン、お決まりのセリフ。すべてを忘れて話していた。

楽しさがお互いに伝わっていたのか、自然にお互いからも笑いがでてくる。

 

 

最後に電話で切るときに相手からの食いつきも十分確認できた。

後は明日の本番で僕がどれほど立ち回れるかが重要だ。

 

その日は、電話を終えてすぐに就寝した。

 

 

 

 

 

 

~翌日~

 

 

 

 

いつもより1時間早く目が覚めてしまった。

まるで当日の遠足が楽しみすぎて早起きしてしまう子供のようだ。

朝起きた時から、当日の夜のアポのことをすでに考えていた。

そして楽しみなのだが、やはり、緊張している。

これが武者震いなのかそれとも。。。

 

結局仕事中も常に頭の片隅に夜のアポのことを考えていた。

 

どういった店でどんな流れでどんな言葉を話そう。

何回もシュミレーションし、脳内で成功体験を積み重ねる。

 

そんなことを繰り返しているとアポの時間まではもう少し

 

よし、あとはいつも通り気合を入れて頑張ろう。

 

 

 

 

 

 

 

~アポ場所~

 

時間通りにアポ場所についた

相手はまだ来ていない。僕の服装は相手に伝えてある為、相手から話しかけてもらうのを待つ。

1分、1秒が長い。

いつだ、どいつだ。どこから話しかけてくるんだ。

第三者から見たら一見平穏そうに見えるが、心の中ではすでに緊張していた。

普通のアポでもこんなに緊張しないが、美女になると心が揺れ動く、

経験の足りない証拠。今そんなことを言っても仕方がない。

揺れ動く心とは、裏腹に時間はゆっくりと過ぎていく。

待ち合わせ時間から5分ほど過ぎたあたりで、僕のケータイが震えた。

彼女からだ

電話に出ると昨日聞いた心地よい声のまま

「ごめん、遅れちゃったけど今着いたよ!

どこだろう」

昨日と同じ耳に心地よい声

「あ、見つけたかもw」

と同時に切られる電話、数秒後僕の目の前には彼女がいた。

 

身長の小さい彼女が僕を下から覗き込みように見ながら、

「見つけました~」

と笑顔で話しかける。

 

「お、おう、やっとかぁ。遅刻料とるよ?(笑)」

何とか最初は返せた。

何とか?

 

それは

 

相手がかわいいに他ならない。

実際に素顔を見るのは今日が初だった。

 

綺麗に整った顔、あまり派手すぎない服装、仕草

一瞬だったがそれらが瞬時に脳内を駆け巡った

 

か、かわいい

 

 

一言で表すなら「かわいい」これしかない

 

そんな僕の内情とは裏腹に話も自然に振ってくれる。

さりげない気遣いもできている。。

ああ、

彼女には僕はどう映ったんだろう。彼女が僕を見るのは2回目だが、どんなことを考えているんだろう。

2人の話で盛り上がりながら、彼女の気持ちを考える。

 

考えて話しているうちに一軒目の店についた。

 

店選びで最初から横並びの席を選ぼうと思ったが、ここは慎重に対面の席を選びお互い着席した。

 

まだ空気は硬い。まずはこの空気を柔らかくする作業から、自然と心地よい雰囲気にもっていかなければ

 

しかし今日この空気を作っているのは彼女だけではない。僕も同じだ。緊張した空気がお互いぶつかり合いこの空気を作っている。まずは僕がしっかりとリードする。

行動でもトークでも、もっと主体的に楽しく、盛り上がるように。今日は集大成だ。しっかり楽しもう。

 

最初のドリンクが運ばれてきた。

二人でグラスを傾け、試合開始の合図をする

「カチンッッ」

 

 

 

さあ、思い切り楽しもう。

 

 

試合は序盤から順調に進んでいった。

最初は僕からの質問が多かったが、時間が経つにつれて彼女からの質問も増えていった。

 

「話しかけた時はどうだったの~何人目~?」

「絶対顔覚えてなかったでしょうw」

「そんなチャラくないですw」

一部抜粋

 

なんだか食いつきが一定以上あるようだったので、中盤の早めだったが恋愛トークにもっていった。

 

彼女は最近までは3年半もの彼氏がいたのだが、その人と別れてから別の男にワンナイトを経験。そこから若干遊んでいるようだった。

確かに彼女のかわいさがあれば、そこらへんの男は間違いなく誘う。

今の彼女には彼氏の守りがない、彼女を止めるものは何もない。今が楽しい時期なのだろう。

 

僕は基本、アポのトークでは過去は一切気にしないし、これからが大事でしょ

と大人ぶった発言をしている。

もちろん、ワンナイトの女性の過去の経験などはまったく気にしない。

 

だが今日は違った。

 

 

 

純粋に付き合いたい。この子と一緒に出掛けて二人でデートをして仲良く手をつないで家に帰り、youtubeでも見ながらアイスを食べて、キスをしたい

 

 

 

こんなアホみたいな理想はある。

そんな理想に過去の話は関係ないが、やはり彼女にしたいと思う女性の過去は気になってしまう。

今までの経験人数だったり、今何人の男性と関係を持っているか、過去に何をされたか。

本当に小さい男だが、これが本当の自分。心底嫌だと思っても考えてしまう。

 

 

そして、ナンパを始めてから唯一弊害となったものもある。

女性の言葉の信用性だ。

僕も現在はキープの女の子は何人かいる。中には彼氏と同棲中の子もいる。その子は彼氏にばれないように僕と会って行為もしている。そして何事もなく彼氏のもとへ帰っていく。

 

 

実際にはそんなことが現実だとは思いたくないが、これが現実らしい。

今のアポでも経験人数だったり、過去の経験を聞いているがそれが本当だという確証はない。僕が信じるということしかないのだ。

 

 

彼女の過去の話を聞く限り、行為はないと言っているが、クリスマスには男女2:2で旅行に行ったらしい。

僕の考えからすれば、何もないわけはない。男女の旅行で何も起きないのは、家族ぐらいだ。(これも僕の考えが歪んでいるのか。。。)

 

もしかしたら、この子は僕の想像よりも遊んでいる気がした。

 

そんな不安をよそに楽しそうにお酒を飲みながら話す彼女。

いや、実際には彼女も不安があるのだろうか。

今日のアポでの彼女の目的もあるのだろう。何が目的なのかそれは知ることができないが僕にできるのは彼女を楽しませること。

不安はあるが今を楽しむ。それがすべて

 

 

お酒も進み、程よく酔ってきた。

よし、そろそろ時間だ。

店を変えよう。

 

道中、雨が降ってきたので軽く家打診をしたが、それは断られた。

断れて内心ほっとしている。

 

 

~2軒目~

先程とはうって変わり横並びの雰囲気のいいバーに座った。

お互い先程の空気とは打って変わり、お互い砕けた雰囲気になる。

 

ここのバーでも相手からの質問は多かった。

僕も適切な言葉を脳内から抜き出し答える。自分の価値観も伝える。

次に付き合うのはこういう人が良いと、こんなことも一緒にしたいねと二人で笑いあう。

自然にバー内で手を握り合う。相手からの拒否はない。

 

手を握り合いながらも、お互いの話で静かに盛り上がる。

バーの音楽と、僕たちの話が混ざり合い、心地よい雰囲気だ。

 

雰囲気の流れでお互いの顔が近くになる。目を見つめあう。そらす

また見つめあう。

 

落とせるか、今日はどう立ち回ろうかと考えていた2時間前が、まるで嘘のようにお互いの距離は縮まった。

 

これ以上ないくらいに。

雰囲気を崩したくない。

店を出よう。

 

マスターにお会計の意思を伝え、店を出る。

 

 

 

「いい雰囲気だったね~、また行きたいねw」

僕を上目遣いで見ながら言われたこのセリフに、不覚にもドキッとしてしまった。

自然と笑みがこぼれる。

 

「まだ時間あるっしょ?」

「うん、大丈夫だよ」

3軒目に行こうといい、タクシーに乗り込み、家の住所を伝え、家に向かう。

 

 

 

~家~

 

 

 

家について冷蔵庫にあったスパークリングワインを開ける。

 

二人で再び乾杯をする。

 

まさかこんなにも、すんなりと家にあげることができると思わなかった。

 

もう相手も仕上がっているのか?雰囲気は?

 

 

 

二人で横並びの小さめのソファに座り、お互いのグラスを傾ける。

 

肩に手を回しても何もグダはない。

お互いに顔も近くなる。

彼女の紅潮した顔が美しく僕の瞳に写る。

そう何度も思う。かわいい

こんな子とここまでできるとは思っていなかっただけに自分の中で何か達成感のようなものがあった。

 

 

だが、一つここにきてある疑問が浮かんだ。

 

正直この場の流れでセクをすることはできる。

その流れはある。

 

だが

 

だが

 

だが、今僕が求めているのは彼氏彼女の関係。

 

どこで告白をするべきなのか。セクの後、セクの前、次に会ったとき。

いろいろなタイミングはある。だが、ベストなタイミングはわからない。

 

悩む。

もはや今の僕にとってはセクなどどうでもよかった。

 

この子と一緒にデートしたい。遊びに行きたい。二人で手をつないでいたい。

 

考えた挙句、セクの前に告白を選んでしまった。

お互い赤くなった顔で、肩を抱きよせながら告白。

相手も恥じらいながらも了承してくれる。

幸せだった。

 

 

しかし、今この場は魔法がかかっている。これが解けた朝になってどうなっているのか。それがわからない。

 

今ここで告白したが、明日の朝にもう一度言ってみよう。

そう心に誓い。

 

準即を決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~朝~

 

 

 

前日の酔いもあったせいかぐっすりと深い眠りについていた彼女も起きだし、二人で朝ご飯を食べてゆっくりソファに座っていた。

僕は昨日のことは覚えているかと聞くと、

「全然覚えているよ~」と昨日と同じ笑顔で僕に微笑む。

 

「っそうか」

僕も笑顔になりながら、

「じゃあ、もう一度言っとくね」

といい、再度告白した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「保留にさせて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え。。。

 

 

だって昨日は、笑顔で「いいよ」って言ってくれたはずなのに、なぜ。。。

僕は問いただすこともできずにただ、うなだれた。

保留というワードが脳内に響き渡る。

保留、保留、保留、保留、保留、保留、

 

 

何がいけなかった。告白のタイミング、セク、昨日のふるまい。

思い返しても取り返すことはできない時間、

もし昨日に戻れるならば、もう一度やり直したい。

 

結果的にこれは振られたのか。

僕のことは、ワンナイトの相手としか思っていなかったのか?

 

彼女には理由も聞けなかった。

僕の中でそれは野暮だと思ったのだろう。

頭が真っ白になりながら、

 

僕は

 

僕は、何も言い返せないまま天井を見上げた。

 

 

スっと目を閉じる。

 

昨日の会った時から、家までの道のりを思い返す。

 

純粋に楽しかった。

楽しかっただけに、いつまでも続いたらいいのにと思っていた。

あのままさよならをしていたら、結果は変わってたのだろうか。

いくら考えてもいい結果は見つからない。

 

もう一度、さっきの彼女の言葉を思い返す。

 

保留

 

保留ということは、何かが彼女の中で揺れている。

いいと思う部分もあるが、何か不安な部分もある。一夜じゃ気づけないこともあるだろう。

それは後から知っていけばいい。

ただそれは僕の価値観。彼女の思う価値観とは別のもの。

それならば、彼女が答えを出すまでは、僕はできる限りのことをしよう。

彼女がお願いしますと言えるように

 

 

そして僕は彼女を改札まで見送った。

 

彼女の姿が見えなくなった瞬間、このまま彼女と一生会えなくなくなることを意識する。

今までもそんなことは会った。もう一度会える思っていた女性も再度連絡を取ってみると驚くほどそっけなく、会うことすらできずに終わってしまう。

 

ただ、今回は簡単には諦めたくない。

さっきの保留の件もある。

もう一度、彼女に会えたい

 純粋に会って話したい。

僕に対して何か引っかかりがあるのならば、それを取り除きたい。

ゆっくりと自分の中で出てくる想いを胸で消化しながら、

僕は帰路についた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし彼女が僕に対する何かがあればまた会える。

 

次に会った時に僕はもう一度この気持ちを伝えよう。

 

こんなゲスな僕だけど、もう一度しっかりと気持ちを伝えよう。

 

自分が思っているこの言葉を、君の瞳をちゃんと見て

 

 

シンプルで何もひねりがないけれど

 

これが一番伝わるように

 

ゆっくりと落ち着いて伝えよう。

 

君のことが

 

 

 

 

 

「    好きです。   」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビ

最近はなんとなく、ソロで街にでてやることが少なくなってきた。

 

コンビの楽しさを覚えたからだろう。

 

ナンパを初めて最初に3か月はただただ一人でやり続けた。

誰とも合流せず自分一人でやっていた。

 

それがナンパだと思ったからだ。誰かとつるんで楽しくやることもいいが、自分がいいと思った女の子を抱くために自分以外はいらないだろうと思ってた。

 

 

だが、最近はソロが少ない。

 

なぜだ、コンビは純粋に即るという目的よりも楽しさが勝っている。

一人ではメンタルをやられてしまうようなことでも、コンビで二人で声を掛けるとダメージが軽減される。

 

ナンパは比較的メンタルへのダメージが大きい。

 

人間は気づかずのうちにダメージが少ない方、より安全な方に逃げてしまう。

それが人間の本能だ。

 

そのため、自分でしっかりと意思を持って行動していかないと、自分の成長は無くなっていくのではないか。

 

ナンパでいうならばソロ。

 

ソロで心のダメージを受け、そのためより考える。

 

何が、どこが、どんな、ダメだった理由を考える。一人で考え、そしてまたアプローチしていく。

 

このプロセスで成長していくのだと思う。

 

 

もう一度、ソロで自分を磨いてみたいと思ふ。

 

 

彼女を作るということ

彼女を作るということ

 

 

僕は彼女に振られてナンパを始めた。

 

たまたまネットサーフィンをしていたときにナンパというワードが見えた、

 

それで僕もネットで検索してみたら数多くのブログや情報がでてきた。

 

正直、街を歩いていると女性に話しかけている人を見てきた。ただ、その人たちをよく見たことはなかった。いや、見ても忘れていたのだろう。

 

声かけてるなぁというぐらい。

 

こんな感じ。

 

ただ、なんだろう。声かけてる人は大抵自分には縁がないなと思ってた。

 

むしろ、成功しているナンパの人を見たことが無かった。

 

いつも話しかけて無視されているようなそんな光景しか自分の目には映っていなかった。

 

ただ、自分がナンパを初めてわかったことだけど、ナンパが成功したんだなんて、はたから見てたら全くわからない。

だって、その時にはもうほぼ知り合いか、カップルなのかなぁと思ってしまうほど仲良くなっている。

 

 

 

自分の仲良くなるのは女の子よりも男の方がすぐに仲がよくなると思ってた。

 

否、それは間違いだった。ほんの少し、ほんの何分かでも肌を重ねて口づけを行うだけで仲が深まってしまう。

 

当たり前のことだが、裸になってお互い話したほうが何も隠せず話せる。

 

フィンランドでは、サウナ外交というものもあったらしい。

裸になって話せる関係ほど仲が良くなるのは、すでに実証されていたのだ、

 

早く仲良くなるには肌を重ねるのが一番手っ取り早い。

 

だから、僕はこのやり方で進めてきた。肌を重ねてから付き合う。

 

そのやり方がただしいかはわからない。だが、僕がこうやってナンパしているのも理想の彼女を作りたいから。

 

正直高校時代の彼女は妥協した。

 

学年で上位に入るかわいい子にアタックしても無駄に終わったりもした。自分はモテない。だから、可愛い子は無理だと思って、正直そこそこな女の子にアタックして彼女になった。その時もドキドキはしたがなんか違う。

その違和感はあった。だから、今度、彼女を作るときは本気でいいと思った女性にしようと思った。

 

 

 

ただ、その反面彼女を本当に信じれるのかという思いはある。

今まで関係を持った女性には彼氏がいる女性もいた。彼氏と同棲中や2年以上付き合ってる子など、、

僕が彼氏になったときに本当に彼女を愛し、彼女は自分だけを愛してくれるのだろうか。

ふと、こんなことを考えてしまう。

 

 

疑心暗鬼な心では何もできない。信じることを大切だと思うが時に、こんな思いに陥ってしまう。

これから先、何が待っているかわからないが自分でできるだけは頑張っていこうと思う。

5日連続アポ まとめ

今回5日連続アポがあったので詳細というか、軽くまとめみたいなもの

 

1日目

以前、コンビで連れ出した案件。そのときは友達がセパれずにあえなく負け。

次はないと思っていたがアポが取れたので、いつもの街で落ち合う。

 

相手の見た目は宮沢りえにの25歳。若干年上だが気にしない。ただ今回の設定では自分は相手よりも年上にしてしまったので余裕のある態度で行く。

 

待ち合わせ。相手は遅れてやってきた。

今回は普通のチェーンの居酒屋。この前の話と今日の話など他愛無い話をして軽く盛り上がったとこで店をでる。30分ほど店には滞在した。

 

でて、一旦公園でデートを挟もうと思ったが

「家って、この辺なの?いいなぁ」

という言葉がでたため急きょタクシー捕まえて

「2軒目のおしゃれなバーに行こう」

といい、自宅イン。

 

簡単に行けるかと思ったが、予想以上にグダられる。

りえ「やっぱりそういう目的かぁ」

グダられるがなんとか、攻めていたら僕の弱いところを攻めてくる。

りえ「ここ、弱いの~?」

ガンガン攻めてくるが僕が触れようとすると拒否される。

そのままあまりよくわからなかったが、いろいろ舐められ、最終的に即。

 

行為中も最初は普通にしゃべりながらしていたので若干萎えてしまったが、後半は可愛い女の子の反応になりギャップでやられた。

 

無事1日目は決まった。

 

 

2日目

こちらも以前コンビで連れ出し負けした案件。正直そんなに乗り気じゃなかったがたまたまタイミングがあったのでアポ。

会って、安いチェーンの居酒屋に入る。

恋愛話を聞くと、まだ一度も付き合ったことがない案件。

処女のようだ。

一通り話を終えて、家へ向かおうとタクシー向かうがグダ。

じゃあ違う店行こうと歩き出し、途中でもう一度タクシー打診。グダられながらも通る。

 

そのまま宅イン。予想してた通りの処女グダでるが、ゆったり崩して即。

終始痛そうにしていたのでなんだが申し訳なくなった。

 

2日目、無事即

 

 

3日目

某街で連れ出し、健全解散した案件。スト値高めの美人案件。

 

待ち合わせに少し遅れて到着、少し案件は怒っていたが、なんとかなだめ、近くの居酒屋にイン。

お互いの近況を話すもあまりうまくかみ合わない。

少し和めたところでお互い隣に座り再度和みなおす。

相手からのボディタッチもでてきて、いい雰囲気になったところで店をでる。

速攻タクシー捕まえて宅へ行こうとするが、ものすごいグダ発生。

崩そうとしたが上手く崩せず、帰られてしまった。

 

3日目即ならず

 

 

 

4日目

 

某街でLGした案件。ベトナム人で小柄だがスタイルが良かったためアポ。

到着が遅れるが、余裕をもって待つ。

チェーンのファミレスに入店し、軽く話す。基本外国の人と話すときは相手をメインでしゃべらせる。こちらが話すとなると相手に伝わらないことが多くなり、雰囲気が崩れる。変わって相手が喋っているときは、頷いているだけでいい。適当なタイミングで笑顔や、驚いた表情をすれば完璧だ。意味はよくわかっていなくても。

 

話が盛り上がってきたので、退店。

事前に自分の家のことは言っておいたので、軽く話すということで家イン。

 

宅インしてギラつくが拒否られる。

まだ相手処女。しかも日本にきて初めて知り合ったのが僕で、したくないとのこと。

それに付き合ってもいない関係でこういうことは良くないと。

 

正直、色を使って付き合ってすればできたと思うが、鬼畜にはなれず、解散。

 

4日目、即ならず

 

 

 

 

5日目

 

こちらも以前LGした案件。ラインで見る限り、綺麗系だと思ってたが会ってみるとそうでもない。

チェーンの安い居酒屋行こうとしたが混んでいるため、違う店へ。

話していると少し高飛車な女。奢る奢らないに関しては、絶対に男が奢るべき、出させるのがありえない。と話す。わざわざ、女の子が来てあげてるのに奢らないのはおかしいと。めんどくさい案件だ。

ただ恋愛話などテンポよく会話は進む。

 

雰囲気もだいたいいい感じになったので店をでる。会計は少し出してもらった。

 

そのまま少しグダられたがタクシー乗り込み、宅イン。

 

ソファに横に座って軽く腰に手を回したりしてたが、いきなり

「絶対やらないからね」

先に釘を刺される。その後も何とかギラつこうとしたが拒否される。

 

30分ぐらい戦ったあとで相手が帰る。

 

5日目即ならず。

 

 

 

簡単にまとめてみたが、5戦2勝3敗の結果だった。

感想としては、中盤あたりで体調を崩してしまい、粘りのスタンスが足りなかった。

相手、一人ひとり求めているのは違うので、アプローチも細かい部分は変えるべきだった。

アポに来てくれる時点で相手は何かしらの食いつきはあると思う。だからこそ、アポの勝率は100にこだわりたい。アポれば確実に負けないような人間になりたい。