愛と恋と時々ボク

愛と恋と時々僕の語り話

自分での体験記

ふと、思った。

ふと、思う。

彼氏、彼女、若い子ほどこの言葉に自信を持っているのかどうか。こだわりすぎている気がする。

結婚を前提にしたお付き合いならともかく、彼氏彼女期間は二人がこの人とずっといたいのかどうかを確認する時間だと思う。その間に他の異性と関係を持たずに時間を長くかけて付き合っていく。付き合い事態に契約書も何もない。5年付き合えば、結婚は濃厚だと思う。

 

だが、そこで運命のような出会いの異性と出会った場合はどうなるだろう。やはり時間の長さはその人との時間に投資したものなので、リターンなど考えるが、一回きりの人生で我慢することはない。ならばその運命に従おうという人もいると思う。

 

運命の人と結ばれた方は幸せになるだろうが、残された方はどうなるのだろう。自分では一生この人と過ごしていくんだと考えていただけに、怒りが溢れ、彼に当たるだろう。だが、彼には何の悪さもない。確認時間の間に違うと思い、違う子にいっただけだ。所詮、彼氏彼女の関係はそんなもんだと思う。

 

だったらその確認時間の間にも他の異性と積極的に出会った方がいい。ほんとに相手がいい異性だったなら現状を切り離し、新しい価値のもとへ飛び込む。

会って違う、なんか嫌だ。今の彼氏のほうが素敵だと思うなら戻ればいい。

要は自分の彼氏彼女を図るものさしを持て。

自分の感覚だけでなく、別の人と比べてみろ。

それだけで自分の付き合っている人の良さがわかる。

閉鎖的になっては、何も出会いがない。捨てられて終わりさ

広告を非表示にする