読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本男児のナンパ語り

これから出会っていくすべての素敵な人たちを語っていく

自分での体験記

決闘

デュエル

 

幼き頃から慣れ親しんだこの言葉、僕らの間ではその界隈で強いやつらを真のデュエリストと読んでいた。

 

ただ、大人になってからは、こんな言葉を使うのは無くなっていた。

それが、今宵使われることになるとは。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も僕は、フィールドをうろついていた。

ナンパの先輩、コーラsさんと今日も一緒にナンパをしていた。

 

続けざまのガンシカにも負けじと何回もトライする。

 

コンビナンパのいい点は、やはりダメージが少なくなる点だろう。

痛くもかゆくもない。

 

 

 

 

 

 

「おーいおーーーーいおーーーい」

 

・・・ガンシカ

 

 

はい、いつも通り。

 

雑なオープナーでは全くオープンもしない。

 

コーラさんも頑張ってくれいるもののなかなか連れ出せない。

 

 

 

 

 

 

 

ふっと

 

 

 

 

目の前に綺麗めなギャルっぽい子が通りがかる。

すかさず、ギャルセンサーが反応。

 

声掛け

 

 

僕「ちょちょちょ、これから銀行強盗の予定です?手伝うよ?(/・ω・)/」

 

 

 

「なんで、銀行行くのわかったんw?」

 

僕「ま、野生の勘ってやつよ、とっつぁん」

だだ滑りなトークを展開するも何とかオープン。

 

これから銀行のATMに行きお金を振り込んで、友達に背中の毛を剃ってもらいに行くとこらしい。

 

ただ、友達の仕事終わりになるのでそれまでは時間が余っているとのことなので、正3の形で居酒屋IN

 

 

 

 

 

居酒屋でトーク開始。

 

 

トークが始まってからは、ノリもよく話も盛り上がる。

 

 

 

 

だが、何か気になる。。。

 

 

僕は、連れ出した子を見つめる。

 

 

よく見ると

誰かに似ている。

 

 

 

昔、よく見ていた顔だ。。。

 

 

 

 

 

 

あれは、、、、

 

 

 

 

 

 

はっっっっっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックマジシャンガールだ(ちょい劣化版)

 

f:id:guratansan:20170202235725j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、よくよく見ればブラマジガール。これか、懐かしい顔の原因は。

 

以下ブラマジと呼ぼう。

 

 

 

俺の対面にいるのは、ブラマジガール。

 

ということは、いったい俺は。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆誕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YOUのターンです!!!

f:id:guratansan:20170202235758j:plain

 

 

J・クロード・ペガサス!!!!

 

 

 

 

そう、俺はデュエリスト。。。。。

 

目の前のブラマジガールを倒すのでーす

 

 

そして、私の相棒は、あなたでーす

 

もはや目の前にいるのは、コーラさんではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひゃはははああああああああああああ

f:id:guratansan:20170202235832g:plain

 

 

 

マリク・イシュタール!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

「さあ、闇のゲームを始めようぜえええええええええええええええ」

 

 

 

 

 

今、このフィールドには2人のデュエリストと1体のモンスター

 

これは勝てる勝負。

 

 

 

 

ブラマジは先ほどのトークの勢い変わらず、下ネタトークもガンガン話してくる

 

マリクの質問が飛ぶ

マリク「結構いろいろ経験あるでしょ」

 

ブラマジ「まあ、もう大人だしいろいろあるね」

 

 

マリク「3人とか4人もあるでしょ?w」

 

ブラマジ「3人は2回ぐらいあるけど、4人はないなぁ。。。」

 

 

 

 

 

 

ここでマリクとペガサスがほほ笑む。うっすらと見える勝機

このまま下ネタトークをガンガン続けるが、友達に会うことは確定しているのでそれをなんとかキャンセルさせなければ、勝機はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、僕らの頑張り虚しく、友達のところへ行く時間となってしまった。

 

 

仕方なく友達も入れて4人で飲もうと、提案。

 

 

ブラマジはオッケーのようだが

ただ、ブラマジの友達子は男とあんまり関わらず、拒否られるかもよ?。とのこと

ブラマジ曰く、その友達はバリカタ案件。すなわち守備力が高い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさにビックシールドガードナーのような子か

f:id:guratansan:20170202235856p:plain

 

ただ、ブラマジもその子がいいと言ったら、一緒に飲むことを了承。

 

 

不本意ながらも、駅を替え相手の本拠地に乗り込む。

 

 

電車を降り、先に改札を出る僕とマリク

 後ろを振り返る

 

ブラマジが改札を渡ってこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戻ってみると改札手前で電話をしている。友達だろうか。

 

言うがより、早くマリクが飛び出した。

改札の駅員に闇のデュエルで勝ったのだろうか?

 

速攻で改札の中に入ることに成功し、ブラマジが電話している子に代わってもらう。

 

ここから、プレゼンだ。

マリクの遠隔デュエルにビックシールドは乗ってくるのか、

 

その間に僕も駅員との闇のデュエルに勝利しブラマジのもとへ行く

 

 

 

 

電話が再び、ブラマジに渡される。

 

とりあえず、この後3人で飲み

 

そこに友達が来てくれることになった。

 

 

近くの貴族にIN

ここからは、先ほどと変わらずに楽しいトーク展開

 

 

 

場も盛り上がったころ、ブラマジの電話が鳴る。

 

 

 

 

ぶーぶー

 

 

 

 

 

ブラマジ「あ、ビックシールドガードナーからだ。ちょっと迎え行ってくるね」

 

 

 

マリク&ペガサス「おう!ゆっくり待っとくわ」

 

 

 

 

ここから、勝負だ。

正3だとおもわれた勝負が乱やくるくるの可能性が現れた。

 

行けるか。

 

 

 

 

もちろんここまで来たら乱を目標に行こう

 

ただ、もう一人のスト値が全く分からない。

仕上げるのは、マリク

僕は、ブラマジを担当することにした。

 

ここから、どんな敵が現れようとも負けん。

 

 

ブラマジが入口に見えた。

 

来た・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デュエル!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックマジシャンガールのターン!

 

「私は、こいつを召喚する!!!!!!!ビックシールドガードナーをいけにえに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療の神 ディアンケト!!!!!!!!

f:id:guratansan:20170202235929j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐはああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

まさかの召喚モンスターではなく、魔法カード!?・・・・・

 

ルールを根本的に覆してきやがった。。。。

 

まさか魔法カードを召喚とは、こいつにルールは通じないのか。

 

 

 

 

 

マリク「負けるな!ここからが勝負!」

ペガサス「YOU。。。そうデスネー、ここからが勝負デスー、マリクボーイ」

 

 

 

 

マリクのターン

 

速攻魔法!!!

 

 

 

 

ここから、マリクが一気に仕上げにかかる。

 

僕は、ブラマジが邪魔をしないように会話の主導権をこちらで握る。

 

 

 

テーブルを挟みうまくセパる。

 

 

一気にディアンケトと距離を縮めるマリク。

 

それを気にするブラマジ。

 

そのブラマジと必死に話すペガサス。

 

何も気にせず、笑いながら話すディアンケト

 

 

 

 

そこから、30分以上たっただろうか。

 

 

 

酔いも程よく回ったのでここから家へ打診をするとうまく通った。

 

速攻でタクシーに乗り

 

 

 

 

 

 

 

 

ペガサスパレスイン。

トゥーンワールド発動!!!!

 

f:id:guratansan:20170203000015j:plain

 

 

 

 

ここからは、私の独壇場でーす

 

 

 

パレス内でも、うまく担当分けて座る。

 

 

お酒を飲みながら、雰囲気を作っていく。

 

だが、完全に行けると思われたブラマジが予想外にディアンケトを守る

 

「この子は、そういう子じゃないの」

「男に慣れてないからやめて」

 

 

 

 

ここにきて、守備力を上げてきた。。。。

 

それも構わず、いちゃつこうとするマリク。

しかし、ここまでの状況でもディアンケトに嫌がってるそぶりは見られない。

 

 

 

ここで、お互い別のとこで話そうとマリクからの提案により

ディアンケトとマリクはキッチンへといき

部屋には俺とブラマジが残った。

 

1対1なら行けるだろう。

 

デュエル!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

俺のターンから行かせてもらう。

エルフの剣士を召喚!

 

f:id:guratansan:20170203000051j:plain

 

 

攻撃!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラマジ「トラップ発動

f:id:guratansan:20170203000112j:plain

聖なるバリアミラーフォース」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くそ、触れることさえできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったら、魔法カード発動

グダ崩し!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラマジ「トラップカード発動

f:id:guratansan:20170203000130j:plain

マジックジャマー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

つ、つよい。。。。

 

 

 

 

 

 

全く崩せない、、、

 

 

 

それ以上にブラマジは俺との勝負よりあっちのデュエルが気になっているだと、、、

 

 

 

 

 

くそ、だが、このデュエルに負けてもあっちの邪魔だけはさせん。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラマジ「ゴブリン突撃部隊召喚、、、

f:id:guratansan:20170203000152j:plain

攻撃」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっさり倒される。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ブラマジがキッチンに近づく、、、、、、

だが、キッチンからは物音、、、

 

これは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即っとるわwwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向こうで行われている行為に気づき、ブラマジは戻ってきた。

 

 

 

 

そこから、ほどなくして、キッチンから二人も戻ってきた。

 

なぜか、半裸のマリク

 

 

 

すぐにディアンケトの隣に行くブラマジ

 

ブラマジ「大丈夫?」

 

 

そういってディアンケトを守るようにして包み込むブラマジ。

 

 

 

そして、マリクを睨む。

 

怒ってる。。。。。。。

 

 

 

おおかたマリクが無理やり、やったと思ってるんだろう。

 

 

違うぞ、ブラマジ

 

 

お前の隣にいるディアンケトの種族は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即系だ

f:id:guratansan:20170203001833p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うすうす感じていたが、こいつは即系。

 

 

 

 

 

 

それならばと、俺はブラマジを諦め、ディアンケトに標準を定める

 

 

怒るブラマジを何とか鎮め、ディアンケトと買い物セパに出ることに成功した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パレスOUT

 

ペガサス「いやあ、やっと外でれたわ~。解放感半端ないなぁ」

 

 

 

 

ディアンケト「そうだね~、あ、星見える!」

 

 

 

 

ペガサス「ほんとだ。てか、今日初めてぐらいだよね、ちゃんと喋るの」

 

 

 

 

ディアンケト「そだね、まったく喋ってなかったからね。」

 

 

 

ペガサス「じゃあ、ちょっとデートしよや」

 

ペガサス「そこに公園あるし」

 

 

 

 

 

ディアンケト「いいよ!」

 

 

 

 

 

 

軽く公園打診も通る。夜の誰もいない公園、IN

 

 

 

 

 

 

 

 

ペガサス「お、だれもいないなぁ、」

 

 

 

ペガサス「あ、あそこにベンチあるからいこ」

 

 

 

 

ディアンケト「公園なんて久しぶり!」

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デュエル!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺のターン

f:id:guratansan:20170203000300j:plain

サウザンドアイズサクリファイスを召喚

モンスター効果発動!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寄生!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ペガサス「あ、なんか肩にゴミついてるよ」

ディアンケト「え、とって」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゅっ!!!!!!!!

 

 

寄生完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま流れるように

 

 

公衆便所へ

 

 

 

ペガサス「公園でしたことある?」

 

ディアンケト「(*ノωノ)ないよ」

 

ペガサス「俺も初めてだから同じだね」

 

 

 

 

 

もはや、俺の目の前にいるのはディアンケトではない。

 

 

 

それよりも可愛い。

 

 

 

そうだ、

 

 

 

 

 

俺の目の前にいるのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:guratansan:20170203000348j:plain

 

あんず!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんずだ!!!!!

 

 

 

 

 

よく見れば、顔の造形ももはや、あんず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

声もあんず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、まごうことなきあんず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、俺の好きなキャラもあんず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんずあんず

 

f:id:guratansan:20170203000422j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんず(ディアンケト)即~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりただの即系だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公衆便所でデュエルを終えた俺たちは、マリクが待つ家へ戻っていった。

 

 

 

 

 

 

当然、マリクは即れず、ディアンケトのくるくるで終わり

 

 

 

 

 

 

 

俺もサクリファイスしてなければ、最後まで即ることはできなかった。こいつには、感謝しかない。

 

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただ、俺たちのデュエルの旅は始まったばかり。

次のデュエリストへ戦いに行くぜ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、次はYOUのターンデス

 

f:id:guratansan:20170203000505j:plain

 

 

 

 

 

 

 

終わり